Google Pixel 4a 【スマホ評価】

スマホ
Advertisement [広告]

Google の新しいミッドレンジスマホ、Pixel 4a が日本でも販売が8/20 に始まります。

本機を試したレビュアーからはかなり好評となっている理由をスペックから見ていきたいと思います。

Xyrox
Xyrox

購入前に一度確認してもらえればと思います!

オーバービュー

まずは、このスマホのスペックの全体像を見てみましょう。

ディスプレイ

ディスプレイは5.8インチのFHD+有機EL。インカメはPixel シリーズ初のパンチホール型を導入。

Xyrox
Xyrox

ディスプレイサイズを確保するためかな。

画素密度は443ppi。全く普通といえますね。

また、サイズは小さい分、薄さは並程度。重さは143g とめちゃくちゃ軽いです。

カメラ

カメラは外も内もシングルカメラ。外は12.2MP、内は8MP。

中身

Pixel 4a が使用しているチップはSnapdragon 730。ミッドレンジ用のスナドラシリーズの中でも、2019年夏に発表されたチップを用いています。これは、この機種の販売が遅れたことも要因のよう。

RAMは6GB、ROMは128GBと、2020年のミッドレンジらしいスペックとなっています。

バッテリーは3140mAh。少し小さめの印象。

メリット

まずは、メリットから。

業界一の画像処理能力

Pixel の画像処理能力は最強と言われています。

Xyrox
Xyrox

Samsung, Apple でさえも打ち勝てないレベル。

最近のスマホは、カメラの写真をそのままではなく、最適化するような画像処理を行っています。Google の画像処理で、撮った写真をめちゃめちゃ綺麗にしてくれます。

夜景も完璧に対応しているので、写真にある程度こだわりたいけど、スマホ代は安くしたいと言う方は、この機種を検討すべきですね。

ヘッドホンジャック

ヘッドホンジャックが存在しているのは嬉しいこと。いまだに有線イヤホンの方が安いので、お高いBluetooth イヤホンを買わずに済みますもんね。

ちなみに、最近ではある程度のスペックを持った完全ワイヤレスイヤホンも数千円で購入できてしまいます。以下のサイトに少しまとめたので、気になる方は覗いてみてください。

シンプルなスペック

RAMは6GB、ROMは128GB一律。オプションは何もありません。色も黒1色。

スペックはシンプルでわかりやすく、メモリに関しても申し分ない量だと思います。

必要なアプリは基本的に問題なく、サクサク動くスペックを持っていますね。

最高のサイズ感

画面は5.8インチと全く小さくはありませんが、サイズ感は掌に収まる程度。

Xyrox
Xyrox

最近のスマホ巨大化の波に乗らずに済みます!

さらに驚きなのは、その軽さ。143g。

5年前のスマホかっていうくらいの軽さです。iPhone SE よりも軽いです。

この絶妙なサイズ感は、持ち歩いたりするのには最適だと個人的に思います。

Xyrox
Xyrox

それでおいて、iPhone SE よりひとまわり、ふたまわり大きい画面!

コスパ

今まで書いてきたメリットが、全て¥42900 で享受できるんです。このコスパの良さは、Pixel 4a が欲しくなる大きなポイントです。

参考程度に。iPhone SE は¥49800、Oppo Reno A は¥38800、Xiaomi Mi Note 10 lite は¥39800。

Xperia 10 ii は¥41976、Galaxy A41 は¥37224。

この辺りとの競合となりますね。今後、比較をした記事も書こうと思っています。

デメリット

このスマホの購入を考えている方へ、もう一度考えるべきポイントをいくつか。

安っぽい見た目

プラスチック一枚で覆われた外観。高級感があるかといえば、無いです。

さらに、防水(IP68)非対応なので、大雨の中での操作が少し不安です。

Xyrox
Xyrox

水にポシャったら問答無用、死亡しますね。

また、指紋認証は背面にあります。指紋認証に対応していないケースをつけると使えなくなります。

Xyrox
Xyrox

近年の前面、ディスプレイ内の指紋認証や、顔認証は搭載されていません!

CPU は弱い

4a に入っているSoC はSnapdragon730です。現在、多くのミッドレンジスマホが搭載しているスナドラ765 に比べると、少し昔のチップセットになります。

ちなみに、私が持っているスマホの一つに、Snapdragon 820 を搭載しているものがあります。3年前の最高スペックスナドラと比べると、730 は少し超えてくるくらいです。

Xyrox
Xyrox

予想だけど、PUBGやCoD などのゲームは快適にできない、というレベルかな。

60Hz リフレッシュレート

これは仕方がないですが、リフレッシュレートは60Hz です。ヌルヌルな感触ではなく、少しカクカクが残るスマホになります。

Xyrox
Xyrox

現状、ミッドレンジに高リフレッシュレートを求めるのも酷だけどね。

確かに、リフレッシュレートが上がると消費電力がぐんと上がります。すると、電池の持ちが悪くなってしまうので、ある種のトレードオフです。

Pixel 4a の電池の容量は3140mAh と大きいわけではないので、60Hz にしておいて正解だと思います。

高速充電も18Wと、特段速くはありません。

弱いカメラセンサー

Pixel 4a はシングルカメラ、それも12MP しかなく、他のミッドレンジと比べたらかなり弱いです。

ワイドカメラレンズもないので、広角アングルの撮影はできません

どれだけ画像処理がトップクラスであっても、カメラの解像度が低いと、メリハリのある写真は取れません。

Xyrox
Xyrox

拡大するとボロが出る、というところでしょうか。

この最強の画像処理能力を、64MP のカメラと統合させるとどうなってしまうのか。今後への期待が膨らみます。

まとめ

まず、このスマホと比較すべきはiPhone SE。

iPhone には最新チップ、A13 Bionic を搭載しています。Snapdragon 730 と比べると、2倍近くの処理能力が速いので、性能面ではボコボコです。

しかし、写真はiPhone SE を超えるレベルのクオリティ+大画面OLED であることは大きな魅力。

SIMフリーで購入できるので、どのキャリアでも使えるというのも嬉しいポイント。

このスマホがレビュアーに好評な理由は、なんと言ってもこのカメラ性能をアメリカでは$345 で買えてしまう、という点でしょう。スペック上何もぶっ飛んではいませんが、非常にバランスの取れた優等生ミッドレンジスマホです。

8/20 に発売です!

コメント

  1. 通りすがり より:

    RAMが128GBになってますが…

タイトルとURLをコピーしました