【2021年版】オススメハイエンドスマホ紹介(随時更新)

スマホ
Advertisement [広告]

こんにちは、Xyroxです。ここでは、2021年に発表された最新のフラッグシップスマホの特徴とスペックを見ていきたいと思っています。

Xyrox
Xyrox

新機種が発表される度に更新していきます!

記事作成時である2/13 現在は、大手スマホ企業が発表したハイエンドスマホは次の通り:

  • Samsung Galaxy S21シリーズ
  • Xiaomi Mi 11シリーズ

これらについてのスペックや長所、短所、さらに、昨年モデルからどのような進化を遂げたか紹介していきます。

ちなみに、2020年春の5Gスマホの紹介も行っています!

Samsung Galaxy S21/S21+

Galaxy 最新フラッグシップは1月に発表。S21 とS21+ はサイズ以外のスペックは同等となっています。基本的なスペックはこのようになっています。

S21+S21S20
発表時期2021年1月2021年1月2020年2月
寸法 [mm]162×76×7.8152×71×7.9152×69×7.9
重量 [g]200171163
チップセットSnapDragon 888SnapDragon 888SnapDragon 865
RAM888/12
ROM128/256128/256128
ディスプレイ6.7 FHD+6.2 FHD+6.2 QHD
画素密度394421563
リフレッシュレート12012060~120
リアカメラ12 MP 広角
12MP 超広角
64 MP 望遠
12 MP 広角
12MP 超広角
64 MP 望遠
12 MP 広角
12MP 超広角
64 MP 望遠
フロントカメラ10 MP10 MP10 MP
電池容量 [mAh]480040004000
充電速度 [W]252525

今回のS21シリーズは、S20シリーズから価格は下がる予定ですが、スペックも落ち着いたものになったという印象です。不要なものを削ぎ落とし、必要なものを残しました。

昨年モデルのS20 一番の残念ポイントとしては、リフレッシュレートとディスプレイ画質がトレードオフ関係にあったことです。QHD 画質でみるためにはリフレッシュレートを60 Hzに落とさなければいけませんでした。

S21はQHD の高画質ディスプレイをさくっと廃止。リフレッシュレート120 Hzを残しました。RAMは12 GBオプションをやめて、その分ROM に256 GBオプションを追加。さらに、日本やアメリカのモデルでは最新のSnapDragon 888を搭載。発熱に少し不安がありますが、性能面ではバツグンであることが期待されています。さらに、S20 からの改良点として、5G mm波にも対応。動画撮影は8Kまで対応しています。

カメラ、バッテリーのスペックは据え置き。相変わらず強力な望遠カメラが特徴の機種となっています。さらに、重量は8 gも増加しています。コスパを上げて、より多くの人に手にとてもらえるような機種になった印象です。

Copyright©2021 SAMSUNG All Rights Reserved.

Xiaomi Mi 11

Xiaomi の最新フラッグシップは中国で先行発表・販売が行われ、グローバルモデルも2/9 に発表。そのスペックシートはえげつないものになっています。まずは基本的なスペックから。すごいところは赤色で、イマイチなところは青色で表示しています。

Mi 11Mi 10 ProMi 10
発表時期2021年1月2020年2月2020年2月
寸法 [mm]164×75×8.1163×75×9.0163×75×9.0
重量 [g]196208208
チップセットSnapDragon 888SnapDragon 865SnapDragon 865
RAM88/128/12
ROM128/256256/512128/256
ディスプレイ6.8 QHD6.7 FHD+6.7 FHD+
画素密度515386386
リフレッシュレート1209090
リアカメラ108 MP 広角
13 MP 超広角
5 MP 望遠
108 MP 広角
20 MP 超広角
12 MP 望遠
8 MP 深度
108 MP 広角
13 MP 超広角
2 MP 望遠
2 MP 深度
フロントカメラ20 MP20 MP20 MP
電池容量 [mAh]460045004780
充電速度 [W]555030

Mi 11 はMi 10 及び Mi 10 Pro の正式な上位互換と言えるようなスペックになっています。

ここ数年のスマートフォンはスペック合戦のようなものが起こり、特にハイエンド機種では毎年のようにRAMが増量され、カメラの画素数は毎回増えていくような現象が見られていました。その結果、カメラモジュールは大きくでっぱり、厚さや重さ、さらには値段が蔑ろになっていました。

今年のトレンドは、昨年モデルからマイナーアップグレードが行われるも、中身はブラッシュアップされ、洗練されていっているようなイメージがあります。

Mi 11 も、必要なところは残し、不要と感じたところは削っているように見えました。RAMからは12 GBオプションを無くし、RAMも最大256 GBまで。電池の容量も昨年モデルからほぼ据え置きとなっています。トリプルカメラを搭載し、すでに化け物級だったMi 10 のカメラから数字上の変化はほとんどありません。

アップグレードされた点としては、まずはディスプレイ。今までのFHD+ がQHD、いわゆる4Kディスプレイとなりました。その結果、画素密度も驚異的な515 ppi。スマホのようなちっこいディスプレイに4Kなんているの??って少し思っている自分もいますが、、(笑)。また、動画撮影は8Kまで対応しています。

さらに、ハード面での改善が見られます。筐体の長さと幅は保ちつつ、中身もほとんど据え置きの中で、Mi 11 は厚みを約1 mm、重量を約10 g削減させました。196 gとなるとやはりかなり重いスマホの部類に入りますが、機種自体が非常に大きいので、妥当な重量化とは思います。また、ガラスはCorning 最新のGorilla Glass Victus を使用。落下耐性もバツグンです。

Mi 10 シリーズがすでに2020年における神機種であったこともあり、Mi 11 はその中身をブラッシュアップさせた上で、より使い勝手の良い物となったイメージです。

Copyright © 2010 - 2021 Xiaomi. All Rights Reserved

随時更新していきます。。

2021年のスマホは5G対応2年目であることからもあるからか、スペック上ではかなり落ち着き、幅広い層に好かれるようなコスパの良い機種が並んでいるように見えます。今後もHuawei、Oppo (OnePlus)、LG、SONY などからフラッグシップの発表があると思われます。その度に更新をしていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました