洗えるマスクブランド 【日本の織物版】

maskその他・時事ネタ
Advertisement [広告]

COVID-19 の影響で、今年は夏の間もマスクをつけることが多くなる肩も多いのではないでしょうか?そこで役立つのが、冷感のある洗えるマスク。通気性がよく、不織布のマスクと比べてリユースもできるし、熱がこもらないマスクを本記事ではまとめました。

本記事では、日本の織物会社が製作している、日本製のマスクを紹介します。

大手ブランドによるマスクについては、以下のサイトにまとめています。

小杉織物 絹マスク

藤井新棋聖が着用していたことで話題になったマスクです。

生産している小杉織物は、福井県坂井市に所在。主に浴衣などを製作しています。

生地に絹を使用しているのが特徴です。現在は冷感があるタイプも発売されているみたいです!生地の間に不織布フィルターが入っています。

格子状の柄が綺麗なマスクです。現在、8月上旬に発送される予定です。

商品: 小杉織物 Itokala 夏用涼やか絹マスク
値段: 1980円
形状: 平面紐型
冷感: ×
機能: 紫外線カット・抗菌・防臭
サイズ: S・M・L
カラー: 白
裏生地: 絹100%
原産国: 日本
販売サイト: https://kosugiori.thebase.in/
商品: 小杉織物 Itokala 接触冷感もっと涼やか絹マスク
値段: 2200円
形状: 平面紐型
冷感: ○
機能: 紫外線カット・抗菌・防臭
サイズ: S・M・L
カラー: 白
裏生地: 絹100%
原産国: 日本
販売サイト: https://kosugiori.thebase.in/

加地織物 Nishijin Mask

京都、西陣織のマスクです。

加地織物は、御袈裟などの法衣を主に製作している会社です。

素材はレーヨンの一種であるキュプラと、ポリエステルの繊維を編んでいる、手造りマスクとなっています。

柄が豊富で非常にお洒落です。金線が入っているものもあり、高級感があります。

商品: 西陣織マスク
値段: 2100~2400円
形状: 立体紐型
冷感: ×
機能: 紫外線カット・吸汗
サイズ: S・M
裏生地: キュプラ50%・ポリエステル50%
原産国: 日本
販売サイト: https://nishijin-mask.com/

光延織物 布マスク

福岡筑後地方の伝統的な久留米織で作られた、綿100%のマスクです。シンプルながらも、伝統的な繊維を用いて作られたマスクは深みがあります。また、綿でできているので、自然に優しい素材となっています。

商品: 久留米織 布マスク
値段: 1200~1500円
形状: 平面紐型
冷感: ×
機能: -
サイズ: S・M
裏生地: 綿100%
原産国: 日本
販売サイト: https://www.mitunobu.com/mask
商品: 久留米織 立体布マスク
値段: 1500円
形状: 立体紐型
冷感: ×
機能: -
サイズ: S・M
裏生地: 綿100%
原産国: 日本
販売サイト: https://www.mitunobu.com/mask

原田織物 KIYOI

和歌山の織物会社によるガーゼマスク。

原田織物のブランドKIYOIから、マスクが数種類販売されています。シンプルなガーゼマスクを一貫製造しているのが特徴です。

商品: 原田織物 KIYOI 日本製大判ガーゼマスク
値段: 998円
形状: 立体紐型
冷感: ×
機能: 抗菌・防臭
サイズ: M
裏生地: 綿100%
原産国: 日本
販売サイト(楽天): https://a.r10.to/hz1vVH

丸井織物 冷感マスクwith特製冷却ジェル

合成繊維の衣料事業や、産業資材、ITなど多くの事業を手掛ける繊維企業です。このマスクは、冷感ジェルをマスクの生地の間に入れることで、冷却力はダントツです。

また、間にフィルターを入れることができるので、抗ウイルス性も兼ね備えています。

商品: 冷感マスクwith特製冷却ジェル + フィルター5枚
値段: 1980円
形状: 立体紐型
冷感: ◎
機能: 防埃・防ウイルス
サイズ: M・L
裏生地: ポリエステル100%
原産国: 日本
販売サイト(楽天): https://a.r10.to/hlGMDO

随時更新中

随時、更新したり追加していこうと思います!

ヘッダー画像:cromaconceptovisual from Pixabay

コメント

タイトルとURLをコピーしました